綺麗になるための治療を受けられる脂肪吸引やヒアルロン酸による施術

加齢によって減少

顔と両手

ヒアルロン酸は、肌や関節や目に潤いを与えるために存在している成分です。若いうちはさかんに生成されるのですが、加齢により徐々に作られなくなっていきます。すると肌からも関節からも目からも、潤いがなくなっていきます。そしてそれにより、肌荒れや関節痛や眼精疲労などが起こりやすくなります。 それを治療するために、多くの診療科でヒアルロン酸を補充する治療がおこなわれています。補充すれば、生成量が減っても十分に潤った健康的な状態を保つことができるのです。 ヒアルロン酸を補充してもらうには、その部位に応じた診療科を受診することが必要です。肌に補充してもらうなら皮膚科や美容外科、関節なら整形外科、目なら眼科といった具合です。

ヒアルロン酸が最も多く生成されるのは、20歳くらいです。そこをピークに、あとは徐々に生成量が減っていきます。そして40代になった頃から、減少率が一気にアップします。そのためそれまでは健康でも、40代になってから急に肌荒れや関節痛や眼精疲労などで悩むようになったという人は多いです。 したがってヒアルロン酸を補充する治療を最も望むのは、40代以上の人です。特に40代の女性には、若々しい肌を維持するためのヒアルロン酸の補充治療を希望する人が多くいます。 また女性は、40代頃からホルモンバランスの変化により、皮下脂肪がつきやすくなります。太ると、その分だけ関節に負担がかかるようになるため、関節痛が起こりやすくなります。そのため関節痛の緩和のためにも、ヒアルロン酸の補充を希望する人が多いです。