綺麗になるための治療を受けられる脂肪吸引やヒアルロン酸による施術

目の大きさを改善

手袋をした医師

目頭の部分の皮膚がたるんでいると、目と目が離れて見えたり、目が小さく見えたりします。逆に言えば、この部分のたるみを除去すれば、バランスのとれた大きな目に見えるようになるということです。 美容外科では、そのための目頭切開という整形手術がおこなわれています。これは、目頭の皮膚を切除することでたるみをなくして、目元をすっきりとさせるという整形手術です。 施術には、両目で20〜30万円ほどの費用がかかります。また、まぶたに脂肪が多くついていることが原因でたるんでしまっている場合には、目頭切開に加えて脂肪の除去もおこなわれます。これにかかる費用は、10〜20万円ほどです。これらをセットにして、30万円ほどの料金でおこなっている美容外科もあります。

目頭切開は、従来は目頭の部分を三日月の形、あるいはアルファベットのVの形に切開するという方法でおこなわれていました。これによりたるんだ皮膚は除去されるのですが、そのかわり目頭には傷跡が残る場合が多くありました。 また、Wの形に切開するという方法もおこなわれています。Vの形よりもさらに多くの皮膚を除去することになるため、非常に華やかな印象のある目になります。しかしやはり目立つ傷跡が残ってしまう場合が多いです。 そのため昨今では、Z法という目頭切開がおこなわれることが多くなってきています。横向きに一直線に切開した上で、さらにその下の部分をV字に切開するのです。直線とV字とがつながることでZに近い形になるため、Z法と呼ばれています。この方法なら、下の部分を切開することで上の皮膚がかぶさるようになるので、傷跡が目立ちにくくなるのです。